子供でも大人でも矯正歯科に通い、歯列矯正を行うことができます。
大人の場合は、何歳からでも歯列矯正が可能です。
大人になると子供のときよりも歯の矯正が難しいという噂もありますがそんなことはありません。
大人でも後から時間をかけてゆっくりと丁寧に歯列矯正を行う方が増えており、実際にきれいな歯並びに変わっていきます。

子供の場合は、子供の成長に合わせた歯列矯正を行います。
治療期間は長くなってしまいますが、6歳から13歳ぐらいにかけて子供さんの成長や様子を見ながら、時間をかけて治療を行うケースがほとんどです。
ワイヤーなどの矯正装置を使わずに、取り外し可能な安全性に配慮した矯正装置をつけることで、子供さんの歯列矯正を行います。

歯並びには個人差がありますが、乳歯から永久歯に生え変わる時期を見て、タイミングをみながら歯並びの矯正を行います。
矯正歯科では時期が早ければ早いほど費用が少なくて済むようになっています。
最初の治療は、乳歯と永久歯の生え変わる時期がポイントです。
このタイミングで生えてくる永久歯の歯並びもしっかりとそろえるように矯正します。

その後、二期目の矯正歯科での治療が始まります。
乳歯から永久歯へと全て生え変わった後は、大人と同じ歯列矯正を行います。
このタイミングで歯列矯正を始めるケースもあります。
一期目を終えた方は、二期目の歯列矯正の費用が安く設定されています。

一期目の治療では、顎の矯正プレートやマウスピースを使用した治療が行われます。
ムーシールドを就寝中に装着しますので、矯正の負担が少なく、いつの間にか歯並びがよくなっているだけではなく、簡単に治すことができます。

歯の内側にプレートを取り付けるプレート矯正は、上下の顎のバランスのよい成長を促します。
乳歯が一部残っている場合によく行われる治療法です。
他にも安価なマウスピースによる歯列矯正も行われます。

二期治療では、ブラケット矯正が行われます。
留め具とワイヤーで歯列を矯正します。
大人の一般的な治療法と同じです。
永久歯に全て生え変わっていることが前提です。

歯列矯正では、抜歯や虫歯の治療も途中で行われます。
虫歯にならないように定期的に歯医者さんに通うことになり、見た目も美しく、虫歯のないとてもきれいで清潔な歯並びが一生続きます。
子供からの歯列矯正では、矯正期間が長引くというデメリットがあります。
後戻りできないわけですから、永久歯が生え変わった後に矯正治療を行うほうが、治療期間も短く、歯並びも一回で治すことができます。

<<<おすすめの矯正歯科>>>
東京に在住の方なら、新宿の矯正歯科はおすすめできます。
矯正歯科治療を専門に勉強した矯正歯科医が治療を行ってくれます。
日々進化する矯正治療技術を体験してみませんか?